ローン

    541 :愛とタヒの名無しさん2017/02/05(日) 10:59:50.71ID:nbmUo9qOK.net
    職場にネズミーで式を挙げた同僚がいたけど1年で離婚したよ。
    向こう有責だったから慰謝料がわりにブライタルローンの残金はらって貰ったらしいけど、それが原因で向こうの両親も離婚したって言ってた。
    そして去年そいつが二度目の結婚式を挙げた。場所は町外れの小さい式場で私設美術館も併設され雰囲気は最高。料理もまぁまぁで悪くなかったのに花嫁さんの顔がずっと不機嫌なままで二次会も急な体調不良で欠席してた。

    【妻「どうしても、ネズミ婚がしたい!」すると妻が内緒でローンを勝手に組んでいた!→その借金が原因で離婚したが負のスパイラルが始まって‥‥】の続きを読む

    439:名無しさん@HOME2014/05/26(月) 20:44:08.86 0
    俺が海外出張中に親父が再婚、その2年後に事故タヒ
    帰国したら義母(再婚相手)を差し置いて喪主を務めることになりてんやわんや
    しかも自宅が鼠園のキャラで埋め尽くされてて呆然、家中に壁紙まで貼ってやがった
    どうにか葬儀が終わったら、義母から1週間以内に荷物を処分して家を出て行けのお達し
    「私はお父さんみたいにあんたを甘やかさないから(キリッ」って、超上から目線で言われた

    でも実は自宅の家土地一切俺名義で、ローンも固定資産税も俺が払ってる
    実母との離婚時に「将来何があるかわからないから」と親父から言い出して、俺が買い取った形になってる

    遺産の整理もしてないから知らなかったんだろうが、義母のアホさ加減に呆れた
    会社に弁護士紹介してもらって、アドバイス受けて必要書類揃えるまでわずか3日
    地権者である証明書叩きつけた時の、鳩が豆鉄砲食らったような顔は正直笑えた

    ボロクソに言われたお礼に、「新居探して出て行くなんて1週間でできるんでしょ?ボクは甘いから10日あげますよ(笑)」って言ってあげた
    ついでに俺に無許可でやったリフォームや趣味の悪いネズミーマウスの壁紙処分する料金も請求
    可哀想なんで親父の遺産の取り分については放棄してあげた(これだけはガチで同情)
    代わりにお骨と位牌は俺が引き受けた
    お骨とかを手放した時に清々した顔したんで、タヒんでも親父と一緒の墓には入れてやらない予定

    10日の約束だったのに、出て行くのに3ヶ月もかかったよ酷いね(棒
    ようやく出て行ったんで、明日から業者にリフォームして貰う予定
    以上でした


    【葬儀が終わったら義母から「義母から1週間以内に荷物を処分して家を出てって。私はお父さんみたいにあんたを甘やかさないから」】の続きを読む


    207:名無しさん@HOME2013/06/27(木) 13:38:14.76
    10年程前、義弟夫婦(子供三人)がお高めの新築一軒家を購入。
    義弟はごく普通のサラリーマン。義実家も義弟嫁実家も経済的援助出来ない状況。
    高すぎる、身の丈にあった額の物件にしろと皆で忠告したのに、義弟夫婦聞く耳もたず。
    その後、不況で義弟の給料激減。最近遂にローンが払えなくなったらしい。
    義弟は家を手放すしかないと覚悟を決めたが、義弟嫁が絶対嫌だと大騒ぎ。
    うちにも泣きついてきたが、購入前に家族全員で
    「三人も子供がいるんだから、これから子供にお金がかかるんだよ?この物件は無茶。
    もしローン払えなくなって泣きついてきても誰も助けないよ?」
    と本当に何度も何度も念押ししたのに聞かなかったよね?と援助拒否。
    「義姉さんって人の心が無いんですね!!!」と罵られたので
    「うんないかも。ごめんね」
    と言ったらなんか喚いて帰って行った。
    これからどうなるんだろうなあ…
    【周りの反対を聞かず、義弟夫婦が身の丈以上の新築一軒家購入!私「泣きついても知りませんからね」→結果ww】の続きを読む

    1:名も無き被検体774号+@\(^o^)/2016/10/20(木) 23:55:50.66 ID:ZRM7WY0N.net
    兄弟がいるとあるじゃん。
    愛玩子と搾取子。

    俺には兄貴がいるんだが、うちの母親は兄貴を溺愛して、俺は愛しているふりの搾取子なのかな、とうすうす感じていたが、本日確定。

    俺が建てた家にこれから2人だけで住んでにんまりするのかな。
    【俺には兄貴がいるんだが、うちの母親は兄貴を溺愛してる。俺が建てた家にこれから2人だけで住むんだって。俺どこかえろうかな】の続きを読む

    このページのトップヘ