流産

    239: 名無しさん@HOME 2008/01/18(金) 18:11:50

    私の大好きなコトメちゃんの話です。

    先日、コトメちゃんが流産しました。流産の影響で子供を産めない身体になったらしく
    トメさん(善意を周りにも強制する困った人)に慰めに行ってやってくれないかと頼まれました。
    仕方ないなぁと思って、コトメちゃんの入院する病院へ行きました。

    3年ぶりにあった喜びを表すために、まずは大袈裟に抱きつきました。
    ええ、コトメちゃんは顔を真っ青にして喜んでくれましたとも!
    一通り慰めの言葉をかけた後、周りに人がいなくなったのを見計らってやっちゃいました☆
    私「そういえばコトメちゃんも、こうやって私が流産したとき慰めてくれましたよね。
    しばらく夢に見ちゃうくらい嬉しかったなぁ~」

    コトメ「ごめんなさい…」
    私「ええっと、『前から使えないと思ってたけど、子供もちゃんと産めないんですね』」
    コトメ「…(俯いて泣き出した)」
    私「うんと、『子供もちゃんと産めない女なんて女としての価値もないし、さっさと別れたらどうです? 』」
    私「それから、『そうやって情に訴えて、悲劇のヒロイン気取りですか… 
    今後の参考の為にどうなってるのか知りたいし、お腹の中身見せてくれませんかぁ? 
    あ、あまりにも居心地悪いから、赤ちゃんも早めに出てきちゃったのかも! 』でしたっけ? 」
    コトメ「うぁあっぁあああ(号泣)」

    優しいコトメちゃんのことだから、当時の私に感情移入して感極まちゃったのかな?
    思い出話はまだまだいっぱいあったんだけど、病人に無理させちゃいけないし、
    ちょうど看護士さんとトメさんが戻ってきたので、最後に一言かけて帰ってきちゃいました。

    私「ふふふ、因果応報っていい言葉ですよね! あ、また来ますね! 」

    帰宅後、旦那とトメさんに何故かすっごく叱られたけど、ちゃんと説明したら土下座して喜んでくれました。
    いいことするって気持ちいいね! 生まれてくる子の為にも、嫌な事は早く忘れて頑張らないと!

    【私「コトメちゃんも、こうやって私が流産したとき慰めてくれましたよね。夢に見ちゃうくらい嬉しかったなぁ~」】の続きを読む

    727:名無しさん@HOME2008/03/20(木) 21:03:16
    元義実家にしたDQ返し。

    普段から「嫁の家とは格が違う!」と公言していたウトメ。
    ウトメ・旦那は教員、コトメやコウトも四年大を出ているのが自慢。

    片やうちは両親自営の印刷屋。それだけで義実家はいわゆる「町の工場」を連想していたらしい。
    「格下の家の娘をもらってや っ た」「本当なら駄目だったんだけど、今はこういう世の中だからね」
    旦那もかばうどころか一緒になって口をそろえる始末。
    最終的には流産したときに「役立たずは出ーてーけ!出ーてーけ!」と
    義実家で口を揃えて言われ、雀の涙の慰謝料で離婚した。
    その後。
    こつこつ書きためていた義実家での日記を、仕事の合間に書き起こし、自費出版しました。
    といっても実家で作ったから、わずか30部程度。
    装丁は見た目豪華に。タイトルは「○○家の真実」(義実家と漢字違い。読みは一緒)
    登場人物もすべて漢字違いもしくは一字違いぐらいで。


    添削をしていただいた恩師に(半分冗談で)推薦文をいただいたので、

    恩師に差し上げたら
    「昔の知り合いの息子さんが最近離婚したから、すすめとくよ(ニヤリ)」
    そういや良く似た名前だと仰ってましたもんね。是非にと少し多めにさしあげた。


    そういや元ウトメの尊敬する人物って、この恩師だった気がしたけど覚えてないや。

    コトメの縁談相手もこの恩師絡みだった気がしたけど忘れた。

    【流産したときに「役立たずは出ーてーけ!出ーてーけ!」と 義実家で口を揃えて言われ、雀の涙の慰謝料で離婚した。→この出来事を小説にして出版してやった結果ww】の続きを読む

    286:名無しさん@HOME2008/04/04(金) 20:16:03
    ウトメ、パラヒキニートのバツイチコトメ姉はコトメコを姫扱い。ずっと甘やかして躾らしい躾もせずに蝶よ花よと育てた。
    お陰でコトメコは、妊娠中の義妹のお腹に向かってわざとキックして流産させたり、私が大事にとっておいた食器を割ったりと無茶苦茶する馬鹿ガキに育ってしまった。
    今日、私が妊娠した事を告げにウトメ宅にお邪魔すると、案の定私のお腹目掛けて攻撃を繰り出すコトメコ。
    思わずコトメコの手を押さえ思いっきりなぐってしまった。
    【私が妊娠した事を告げにウトメ宅に行ったら、妊娠中の義妹のお腹に向かってわざとキックして流産させたり、私が大事にとっておいた食器を割ったりと無茶苦茶する馬鹿ガキがいないた。】の続きを読む

    このページのトップヘ