病院

    127: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2012/12/30(日) 22:39:15.97 ID:S9AGtymT
    足首を痛めてギプスを巻いていたが
    昨日晴れて外せることになった。
    でもしばらくはサポーターを巻いておかないといけないとのことで
    病院から足首用のサポーターを購入することになった。

    金額が14000円。
    ええっ、こんなちゃちな物がそんなにするの!?
    帰宅してネットで同じ品番を調べたら楽天で4800円で売っていた。
    いったい誰が儲けているんですか。

    【病院「14000円です」私『こんな物が14000円!?』→楽天見たら4800円で売ってるんですが…。】の続きを読む

    302: 名無しさん@HOME 2015/07/14(火) 21:54:39.97 O.net
    辛党が原因で旦那と離婚した話。

    私は辛党。旦那は甘党。
    私は甘いものも食べられるが、旦那は辛いものがまったくダメ。
    結婚してから辛いものは控えていたが、職場の先輩からジョロキア粉末を頂いた。

    その日旦那は遅番だったので、カレー鍋にごく少量混ぜて食べていた。
    が、私の入浴中に遅番のはずの旦那が帰宅。
    お風呂上がりの私が見たのは喉を押さえてもがき苦しむ旦那。
    私もパニック。
    何とか救急車を呼ぶも、1日検査入院になった旦那が私をさして杀殳人犯だと騒ぐ騒ぐ。
    警察が動くはめに。
    ジョロキア隠れて食べてましたごめんなさいで解散。

    続きます。

    【カレーを食べた夫がもがき苦しんでたので119番!夫「嫁は杀殳人犯!」警察「先生、お話を…」医者「はい」→結果・・・】の続きを読む

    239: 名無しさん@HOME 2008/01/18(金) 18:11:50

    私の大好きなコトメちゃんの話です。

    先日、コトメちゃんが流産しました。流産の影響で子供を産めない身体になったらしく
    トメさん(善意を周りにも強制する困った人)に慰めに行ってやってくれないかと頼まれました。
    仕方ないなぁと思って、コトメちゃんの入院する病院へ行きました。

    3年ぶりにあった喜びを表すために、まずは大袈裟に抱きつきました。
    ええ、コトメちゃんは顔を真っ青にして喜んでくれましたとも!
    一通り慰めの言葉をかけた後、周りに人がいなくなったのを見計らってやっちゃいました☆
    私「そういえばコトメちゃんも、こうやって私が流産したとき慰めてくれましたよね。
    しばらく夢に見ちゃうくらい嬉しかったなぁ~」

    コトメ「ごめんなさい…」
    私「ええっと、『前から使えないと思ってたけど、子供もちゃんと産めないんですね』」
    コトメ「…(俯いて泣き出した)」
    私「うんと、『子供もちゃんと産めない女なんて女としての価値もないし、さっさと別れたらどうです? 』」
    私「それから、『そうやって情に訴えて、悲劇のヒロイン気取りですか… 
    今後の参考の為にどうなってるのか知りたいし、お腹の中身見せてくれませんかぁ? 
    あ、あまりにも居心地悪いから、赤ちゃんも早めに出てきちゃったのかも! 』でしたっけ? 」
    コトメ「うぁあっぁあああ(号泣)」

    優しいコトメちゃんのことだから、当時の私に感情移入して感極まちゃったのかな?
    思い出話はまだまだいっぱいあったんだけど、病人に無理させちゃいけないし、
    ちょうど看護士さんとトメさんが戻ってきたので、最後に一言かけて帰ってきちゃいました。

    私「ふふふ、因果応報っていい言葉ですよね! あ、また来ますね! 」

    帰宅後、旦那とトメさんに何故かすっごく叱られたけど、ちゃんと説明したら土下座して喜んでくれました。
    いいことするって気持ちいいね! 生まれてくる子の為にも、嫌な事は早く忘れて頑張らないと!

    【私「コトメちゃんも、こうやって私が流産したとき慰めてくれましたよね。夢に見ちゃうくらい嬉しかったなぁ~」】の続きを読む

    61:名無しの心子知らず2011/10/13(木) 11:57:42.88 ID:zjgP+tsx
    病院での4ヶ月検診に行ってきた。
    ベビールームに入ろうとしたら鍵がかかってた。
    ノックしても反応なし。
    看護師さんに言ったら
    「あれー、おかしいなあ」と言いながら鍵開けてくれた。
    看護師さんがベビールームのドアを開けたら、中には
    ベンチで授乳中の母親と、ベンチに寝転んでる父親。
    「授乳中だろ、開けんなぼけ!」と怒鳴る父親。
    ベビールームは、オムツ台4つと、ミルク用のベンチ3つ、
    母乳用のカーテン仕切りの個室3つある。
    看護師さんが
    「母乳ならカーテンの中であげてください。
    ベビールームは皆さん使うので、勝手に施錠しないでください」
    と言って、出ていったら
    その母親がこっちを睨んで
    「何の用?」と聞くので
    「オムツ交換と、授乳」と答えたら
    「泣いてるわけじゃないんだし、待てないの?
    普通、鍵かかってたら誰か使ってるとか思わない?
    病院のベビールームなんて、どんな病気持ってる子がいるかわからないんだから
    可愛い子を、どんな病気持ってるかわからない他人と密室で一緒にしたくない
    親心がわからないわけ?」
    と延々言われた。
    しかも、うちの子の腕のイチゴ状血管腫を見て
    「何それ?気持ち悪い!うつったらやだから、寄らないで!」
    と叫ばれた。

    【ベビールームに入ろうとしたら鍵がかかってた。看護師さんに開けてもらったら「泣いてるわけじゃないんだし、待てないの?」といわれた…】の続きを読む

    731: 1/2 2008/05/22(木) 17:59:36 0
    内容が内容なので、夢の話とでもして聞いて下さい。

    私は夢の中で、約2年前に両親をとある事故で亡くしたらしい。
    私が一人っ子と言うこともあり、
    トメは「これでおまえの親は私一人、おまえに何しても躾と言える。
    もうおまえに逃げ場所は無いし、何してもどこからも文句言われない」
    と夢ではっきり宣言してきた。
    この時点で恐怖を感じ、夫に同居解消を求めるも考え過ぎと無視。
    しかも、今は身重(当時妊娠中だった)なんで引っ越しも無理と言われた。
    皿をぶつけられ、怒鳴られ、ののしられ、
    私のご飯は毎日夜だけ(朝昼は穀潰し!食べるな!と言われた)で
    体重が激減しても、髪が抜けても、誰も助けてくれなかった。
    それでも、自分には頼るものは何も無いと我慢していたバカな私が夢に出た。

    そして数ヶ月後、女の子に恵まれた。
    夫は毎日病院まできたが、トメは一度も来なかった。
    私の産後の状態が良くなくて、退院の日に娘だけが数時間先に帰宅することになった。
    帰宅した時、尋常じゃない声で泣いている娘がいて、
    旦那が真っ青な顔で出てきた。娘が勝手に動いてベッドから落ちたと。
    即救急車を呼んで病院へ、娘は右足・右腕が折れ、けいれんしていた。
    落ちたんじゃなく、床に叩き付けられたんじゃないかと言われたが
    育児ノイローゼでやったんでしょ?と言われ私が疑われた。
    夫とトメも病院へ来て、嫁がやったと言いふらしていて
    看護士さんからの印象も最悪。私から娘を庇うように二人にすることを避けられた。
    そのままだったら、娘と一緒に病院の窓から飛び降りてたかも知れない
    という悲しい夢を見た。


    【医者『ベッドから落ちたんじゃなく、床に叩きつけられたみたいだ。育児ノイローゼでやったんでしょ?』と疑われた。その後、嫁がやったとトメに言いふらされて…】の続きを読む

    328:名無しさん@HOME投稿日:2013/06/06(木) 05:34:32.05

    下の娘がようやくお座り出来るようになった頃起きた修羅場。
    読みにくかったらすみません。
    上の息子二歳が座っている娘にぶつかってしまい、娘が仰向けに倒れた。
    驚いて泣き出したけど、絨毯の上にふかふかカーペットを二枚重ねていた
    場所だったのでさほど心配せずに抱き上げてあやしてた。
    が、一分ほどで悲鳴のような異常な泣き方に変わり、白目をむいて意識を無くした娘。
    大声で呼び掛けながら救急車を呼ぶもなかなか来ず、やっと乗れた車内で意識のないまま嘔吐する娘。
    最悪の事態が頭をよぎった。
    入院して詳しく検査したところ、結果は硬膜下血腫。
    この時頭を打ったのが直接の原因ではなく引き金で、以前のものが
    表面化したものらしかった(頭が重いのでよく転がってはいた)
    幸い出血も軽くすぐ退院できたけど、それ以来子どもに対しては今も相当過保護になってる。
    ちなみに娘が処置室に運ばれて不安で一杯だった時に
    医者に虐待を疑われたのもきつかった修羅場でした。

    【悲鳴のような異常な泣き方に変わり、白目をむいて意識を無くした娘。→原因が判明して医師に虐待が疑われて…】の続きを読む

    66: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/01/18(金) 22:05:18.10
    思い出し投下。
    若かりし頃 スノボに行ってアイスバンでスっ転げた。
    自分の肘が脇腹に入り余りの痛さに病院へ→レントゲン撮ると肋骨ちょびっと骨折だった。
    痛がり呻く私に当直だった整形外科医がバカにしたように
    「wwちょっとの骨折で大げさな!痛がりですか?」と言いながらグイグイ腹を押さえ触診。
    あまりの痛さにグエグォ呻き息も出来なかった。
    母が「この子は我慢強い子なんですが」と言ってたのでちょっと笑った。
    そして念のため2日入院。

    退院する日の昼過ぎに帰る準備してたら看護婦さんと外科医が3人集まり
    「今から絶対安静です!内臓(脾臓)破裂してたので緊急手術です」と言われた。
    内出血で2L以上出ており(致死量近い)危険な状態で身内の血液型を聞かれた。
    外科医の後ろに腹をグイグイ押さえた整形外科医がテヘペロな顔で立っていた。
    タヒねと思ったのが第1の修羅場。
    退院してたら死んでた。

    【私「息ができない位痛い・・」→医者「大げさな!痛がりですか?」→看護師「様子がおかしいです!やっぱり検査してあげて下さい!」→とんでもない事態に…】の続きを読む

    957:猫 ◆ad/DROFP7w2008/07/20(日) 02:30:07

    いつもニコニコ笑っているので、まさかそんなに酷い状態だったとは
    予想すらしていませんでした。
    嫁は「何度も病院へ連れて行ってくれと頼んだじゃないか!」と泣きながら
    自分をなじりました。
    今にして思えば、嫁は何度か「貴方は私より猫が大事よね~」と笑いながら言った事があります。
    その時は「何をくだらない事を…」と黙杀殳しましたが、あれは嫁の本音だったんですね。
    【【第三話】俺が独身時代から飼っている猫に嫁が靴下を投げつけた!俺『猫が懐かないのはお前が虐待しているからだ!』すると嫁に訴えられた】の続きを読む

    このページのトップヘ