障碍者

    882 :可愛い奥様 2013/01/09(水) 22:23:09 ID:/D4bad5oO
    子供の幸せ第一に考えると再構築。 
    自分本位なら離婚だよね。もちろん「浮気くらい」って平気な人は再構築。 
    うちみたいにプリが出産するくらい悲しい結末なんていないだろうから、みんなはクヨクヨする必要なくて良いよ。

    【夫が18歳の障害者を妊娠させ妊娠に気付いた時点で既に8ヶ月。赤ちゃんは私達夫婦が引取って育てることになり・・・・】の続きを読む

    876: 名無しさん@HOME 2013/12/18(水) 15:49:21.59 0
    コトメは内部障害があって見た目健常者だけど障害者手帳を持っている。
    ある日用事があって私、私息子、コトメと電車に乗っていた。
    車内は何人か立ってる人がいる程度でコトメは優先席に座り
    私は息子が外の景色を見たがったので入り口近くに息子と立っていた。
    するとある駅で妊婦さんが乗ってきて車内を見回し、空いてる席がなかったためか
    コトメの前に立った。
    多分他に優先席に座っていたのは割りとお年寄りだったので
    若いコトメを選んだんだろうと思う。

    妊婦はコトメに「あの、私妊婦なんですけど?」
    コトメ「はあ、そうですか」
    妊婦は妊婦バッチを付けているバッグを高々とコトメに掲げ
    「席を譲ってくれません?」
    それに対し「残念だけどぉ~私障害者なのぉ~」
    と、バッグから障害者手帳を取り出し同じように高々と妊婦に掲げるコトメ。
    まるで水戸黄門の印籠を見せ合いっこしてるような図。
    周囲の人々も「何だこの状況・・・」とポカーンとしているのが分かり
    私と息子は電車を降りるまで他人のフリをした。

    【妊婦「私妊婦なんですけど?(妊婦バッチどーん)」 コトメ「残念だけどぉ~私障害者なのぉ~(障碍者手帳どーん)」 まるで水戸門の印籠を見せ合いっこしてるような図が発生した…】の続きを読む

    334: 名無しさん@HOME 2007/05/30(水) 16:58:43
    姑と姑友人を怒鳴り、罵倒してしまった。
    姑友人の障害者の息子を差別する発言もしてしまった。
    でもうんざりしていたのですっきりした。
    長くなりますが書かせてください。


    特に酷い姑からの仕打ちは
    婚前、彼(現夫)の家族に挨拶に行った時、私と二人きりの時に姑が
    「あなたは息子にはふさわしくないわ。相応の人を紹介してあげるから別れなさい、いいわね?」
    と言ってきた。無論、彼に相談し、彼が叱って説得してくれた。
    後日姑から連絡があり、お詫びをしたいからと私と姑二人きりでの外食に誘われた。
    呼び出された先には姑と姑友人とその息子。
    姑は私と姑友人の息子の仲を取り持とうとの呼び出しだった。
    姑友人の息子は見るからに障害者で介助する人間が必要だから嫁に来いとの事だった。
    その障害者に抱きつかれたり殴られそうになっている私を見て姑は
    「あら、気に入られたみたいね。友人さん、
    いい娘さんでしょう?仲人は私が引き受けるから進めましょうよ」
    とニヤニヤ。姑友人もノリノリだった。

    【彼母「あなたは息子にはふさわしくないわ。相応の人を紹介してあげる私の友人の息子(知的障害者)と結婚しなさい」】の続きを読む

    18:おさかなくわえた名無しさん2008/09/18(木) 20:21:49ID:B+srhcUc
    うちの姉が障害者(しゃべるのと身体にマヒがある)なんだけど
    今日、作業所へ迎えに行って帰りに一緒にスーパーに入ったら、
    自分も何か買ってみたいというので
    300円の箸をもたせて、五百円玉を握らせてレジに並んでもらった。
    少し離れた所から見てたけど、しばらく帰ってこない。
    たった一品なのにおかしいなと思って、少し近づいたら
    レジの表示が300円なのに、レジのおばさん「3000円よ」って言い張ってた。
    姉が障害者だから、3000円請求してもバレないと思ったんだろう。
    私が問い詰めたらびっくりして「間違えちゃったわ!ごめんなさいね」
    んなわけないだろ!こんな安いスーパーにそんな高級品があるか!!

    あんまり腹が立ったから店長をフロア中探して事情話して、
    さっきのおばさんのところに連れて行った。
    おばさん、真っ赤な顔して何か言ってたけど、裏に連れて行かれた。
    店長に平謝りされたけど、目の前が真っ暗でなんか頭がクラクラした。

    帰りに悔しくて悔しくて涙が出てきて、
    泣きながら歩いてたら姉が「ごめんね」って回らない口で言ってきた。
    すごく悔しくて悲しかった。
    さっき改めて家に店長が謝りに来たけど、姉の「ごめんね」が耳に残って離れない。
    親も仕方がないことだって言ったけど、涙が止まらない。

    【うちの姉が障害者なんだけど300円の商品をもたせて、五百円玉を握らせてレジに並んでもらった。レジの表示が300円なのに、レジのおばさん「3000円よ」って言い張ってた。】の続きを読む


    344:名無しさん@おーぷん2015/08/25(火)20:43:41ID:Kvp
    衝撃的スレと迷ったけどこっちに。

    地元の大型スーパーには、駐車場の店内入り口に一番近い場所に充電車両用のチャージャー付きスペースが3台分ある。
    ウチは旦那の趣味で今年PHVの某ヨタ車に買い換えたんだけど、いつもその店で買い物するときはそのスペースに停めて充電中に買い物してる。

    今日買い物が終わって車に戻ったところ、知らないオバサマがウチの車の充電ケーブルを引っこ抜こうと力任せに叩いたりガチャガチャと踏ん張ってる所に遭遇。
    慌てて「何してるんですか!危ないですよ!」と駆け寄ったら、
    オバサマ曰く「こっちは障害者なの!端っこは障害者用って常識でしょ!すぐどかしなさい!」とガチ切れ。
    そしてオバサマの指差した先には身障者マークを貼った高級ミニバン。

    でもこのお店は、正面入り口すぐ脇の直近に身障者専用の駐車スペースが10台分ほど一般とは別に用意されててる。
    悪用防止のためにそのスペースの出入り口にはコインパーキングみたいなゲートがあって、サービスカウンターに手帳?かなんかの証明書を提示するとゲート開閉用のカードを発行してもらえるってシステム。

    そっちは半分も埋まってなかったから、
    「障害者用はあちらですよ、ほら空いてるあそこ」とこっちもムカムカしつつ言ったのだが
    「私は障害者だ!あのマークが見えないのか!」
    と全く会話にならず。

    またケーブルを掴んで引き抜こうとしだしたので、荷物を放り出して
    「危ないからやめて!あっち停めて!」
    と半泣き状態でもみ合ってたら巡回の警備員さんが駆けつけてくれた。

    2人でオバサマを車から引き剥がして、警備員さんが上に書いたようなシステムを説明、しかしそれにも納得いかないらしく、
    「この店は弱者を脅すのか!障害者だって客なのに!こんな五体満足の小娘をひいきするのか!」
    と今度は警備員さんに食ってかかってもう散々わめき散らすわで手に負えない。

    警備員さんが
    「店内でご説明しますから、一旦他の場所に停めてご一緒にいらしてください」
    と案内しようとしたら
    「そんなのは知ってるバカにするな!あんたもこのマークが見えないのか!もういいわ!」
    と怒鳴って車に乗り込んでどっかに行っちゃった。

    呆然としてたら警備員さんにお怪我は無いですか?と聞かれてやっと我に返り、
    「あ、大丈夫です・・・すみません」とだけ答えて、自分も帰宅。
    家に着いてから、ケーブルのイタズラ防止用ロック部分が少しガタガタと緩くなってるのに気づいたけど、旦那が帰ってきたらなんて言おう。

    買ってきたバナナが1本グチャっと潰れてるのを見てまたムカムカしてきた。
    【充電車両スペースに停めて買い物、んで戻ってみると知らないおばさんが充電ケーブルをガチャガチャ張ってる。「危ないですよ!」→すると…】の続きを読む

    316:おさかなくわえた名無しさん2009/08/01(土) 20:49:10 ID:kZFd5otJ
    そろそろ結婚も考えていた彼女
    先日初めて実家に一緒に行き、親とも会って貰った
    その時は大した問題は無かったのだが、彼女を送りに玄関を出ると彼女がボソッと言った

    「お母さん、障害者なんだ」と、なにか吐き捨てる感じで言われた


    事前に話してなかった俺も悪いんだが、障害者手帳を持つ程でも無いし、
    全く介添えも必要無い、ただ手首が普通より回せる範囲が狭い程度なんだが、
    言い方がひっかかって冷めてしまった

    マザコンなつもりは無いが、母親を馬鹿にされて良い気はしないし、
    もし俺が体が不自由になったりしたらあっさり見捨てれ女なんだろうなと思ってしまって
    無理だった

    向こうが先に冷めてるかもしれないけどな
    【そろそろ結婚も考えていた彼女 先日初めて実家に一緒に行き、親とも会って貰った「お母さん、障害者なんだ」と、なにか吐き捨てる感じで言われたんだ…】の続きを読む

    このページのトップヘ