DNA検査

    494: 名無しさん@おーぷん 2015/04/20(月)11:19:54 ID:???
    父の修羅場。

    父は無精○症。しかし結婚1年目にして母が妊娠。

    父「」

    母「相性が良かったのね」

    「出来無くも無いけど、出来無いかもしれない」

    婚約中、自然妊娠は極めて難しいという診断結果を、若干オブラートに包んでみた結果、

    「出来なくてもいいよ。2人で仲良くやっていこう」

    と大らかに笑ってくれた女である。

    検査が間違っていたのかもしれないと、とりあえず別の病院に行ってみた。

    結果変わらず。

    父は相当葛藤したらしい。

    母が浮気なんてするはずがない!
    もし仮に話せない事情があるなら暴くことは母を悲しませるだけではないか。
    というか別れたくない。絶対に別れたくないでござる!

    生まれてみれば母に似て可愛いし、どうせ子どもなんて出来ないんだ、仮に自分の子じゃなくても養子をとったと思えばいい!
    いやいや実際奇跡が起きたのかも、その場合、別人の子でもいいなんて、家族にとってなんてひどい言いぐさなんだ等々。

    結局、ある日プッツンとして私は父の子として脳内決着。

    そしてそんなことなど忘れるようにして過ごした15年後。

    母「また出来ちゃった。今度は男の子よ」

    父「」

    【不妊症の父「医者に子供が2人いると言ったら言葉を濁された.……俺、自然妊娠ほぼ不可能らしい」母「奇跡ってあるのね」父「・・・」→ DNA鑑定をすると・・・,】の続きを読む

    174名無しさん@おーぷん2014/06/12(木)00:43:56 ID:???
    眠れないので、一人語りさせてほしい
    結婚して1年過ぎたころ嫁が浮気した
    怪しい事があり問い詰めると嫁が外泊したり深夜帰宅して
    10日ほど喧嘩になって、荷物を持って実家に帰った
    2ヶ月くらい経って間男がやってきて、慰謝料払うから別れてくれ
    嫁は妊娠していると言うので
    嫁の実家で、関係者で話し合う事になった

    俺は嫁と間男から慰謝料貰ってさっさと離婚したかった
    間男も嫁と結婚したがっていたので、すんなりいくと思っていた
    嫁は、お腹の子は俺の子供だから離婚しないと離婚を承知しなかった
    俺以上に間男が驚いて嫁を説得していたけど、承知しないまま
    俺との籍が入ったまま出産した
    生まれた娘は間男とはありえない血液型なので俺の子供とされた
    間男は慰謝料を払って消えた

    【反抗期の娘、娘が「こんな親父いらない」と言ってきたので「嫌なら出ていけ、そんな娘は俺の子供とは思わない」といったらとんでもない事態に発展してしまった。】の続きを読む

    164:名無しさん@おーぷん2016/11/24(木)12:45:25 ID:QGP
    妻が妊娠しました。現在7ヶ月です。
    妻の妊娠が発覚する前の2〜3ヶ月ほどは妻が残業続きで帰りが遅く、
    「もしや浮気なのでは?お腹の子も俺のではないのでは?」と疑ってしまいました。
    しかし、「妻に限ってそんな事はしない。信じよう。」と決め、その思いは妻には告げずにいたのですが先月、仲の良い友人の奥さんが妊娠したが別の男の種だったのが明るみになった出来事があり、私の不安が再燃してしまい妻に、
    「DNA検査をして欲しい。費用は出すから。」と言ってしまったのです。
    妻は「なんでいまさら!」「私を尻軽女だと思ってたのか!」「お腹の子をそんな疑いの目で見てたのか!」と大激怒でした。
    妻はそのまま実家へと戻ってしまい、私からのメール電話は無視、妻実家に行っても部屋に閉じこもり、「DNA検査でもなんでもやってやるから二度と顔を見せるな!」と言うばかりに…。
    そして一昨日定期健診があったのですが、その時撮った4Dエコー(通常のエコー検査よりもさらにリアルな物です。)が家のポストに投函されており、そこには誰が見ても疑いようの無い程私に瓜二つな我が子の姿がありました。
    エコーと一緒に離婚届と手紙が投函されており、妻からの手紙には「これでも疑うか?あんたの親にでも見せて似てるか似てないか聞いてこい!!」と…。
    すぐに妻に連絡をし謝罪をしましたが全く取り付く島もありませんでした。
    どうすれば妻に許してもらえるのかアドバイスを頂けないでしょうか?
    【2〜3ヶ月ほど残業続きで帰りが遅かった妻が妊娠した。俺「お腹の子は俺のではないのでは?DNA検査をして欲しい」妻「私を尻軽女だと思ってたのか!」大激怒⇒その後最悪な事態に】の続きを読む

    このページのトップヘ